サプライズでプロポーズ大作戦!って実は迷惑に思われているかもしれない事実!!

サプライズ プロポーズ 迷惑 生活の話

若い人達の間で流行っている“サプライズプロポーズ”。

サプライズのターゲットになっている人の周囲にいる人たちがみんなで踊りだすフラッシュモブなどが有名ですよね!

実はこのフラッシュモブを代表する“サプライズプロポーズ”は実は迷惑だと思っている人もいい人も多いことにあなたは気付いていますか??

今回はそんなサプライズプロポーズをするべきではない相手がどんな人なのか、もしサプライズプロポーズをするのであればどのようにすればいいのか、私の経験談からお話しをさせていただきたいと思います。

なお、筆者の感情も大きく入っている記事でもありますので、「そういう考え方もあるのかー。」というスタンスで読んでいただければ納得しやすいかと思います。

 

スポンサーリンク

サプライズプロポーズ賛否両論!!気をつけろ男子諸君!

ここでいうサプライズプロポーズというのはいわゆる、彼女(彼氏)に内緒でプロポーズをすることだけを指すわけではありません。

フラッシュモブなど代表する、“大勢の人を巻き込んだプロポーズ”や“大勢の人の前でプロポーズをする”などの公共の場でサプライズでプロポーズをすることを指します。

このサプライズプロポーズですが、賛否両論の意見があることをあなたはご存知ですか?

女性がみんなサプライズプロポーズをされて胸がキュンとしたり、一生の思い出に残るいい経験だと感じると思ったら大間違い!

もちろん、そういったサプライズを大喜びして涙を流してくれる女性がいることも間違いないですし、その方々を否定するつもりも全くありません!

 

だけど、だけど、あなたの彼女は本当にサプライズプロポーズを喜んでくれるのか冷静に考えたことはありますか??大丈夫ですか?

 

サプライズプロポーズが好きな人、嫌いな人見分けできてる??

さて、男性諸君、あなたは自分の彼女がサプライズ好きかどうかしっかりと判断できていますか?

サプライズが好き!というのは男性女性関わらず本当に多いです。私もサプライズは好きです。やっぱり嬉しいしドキドキしますよね!

だけど、公の場でのサプライズプロポーズは話が違いますよ!

サプライズは好きだけど、私は公の場でのサプライズプロポーズは本当にやめてほしいと思っています。もちろん、路上を歩いていて、サプライズプロポーズされている人を見るのは迷惑ではないですよ!むしろ祝福したい気持ちになります。

ですが、私自身がその対象になるのは本当に嫌です。

それがなぜかと言いますと、私は人前で目立ったりすることが本当に苦手なんです。家でこんなブログ書いてるくらいですから、わかりますよね(笑)。

人前で目立っていいほどのルックスでもありませんし、周りの人にどんな風に見られているのかすごく気にしてしまうし、緊張すると顔も赤くなってしまって恥ずかしいです。

そんな私が公の知らない人の前で、しかも盛大にフラッシュモブなんてされた日には、ダッシュでその場から逃げ出してしまいます。

私のように、“周囲の目をとても気にしてしまう”、“自分のルックスに自信がない”、“目立ちたくない”、“恥ずかしがり、緊張して顔が赤くなる”などのコンプレックスを持っている人は、サプライズプロポーズを嫌がる傾向にあります。

 

逆に、“自分自身に自信を持っていて、人前に立っても堂々としている、派手なことに抵抗がない”こういったメンタルの強さを持ち合わせた女性でないと、フラッシュモブなどのサプライズプロポーズに耐えることはできないです。

こんな、強くかっこいい女性ですら、「公の場でプロポーズはちょっと…。」と思っていることも多いので、あなたの彼女がそういったことに耐えられる人なのか、サプライズプロポーズを喜んでくれる人なのか、見極めが必要ですよ!

 

女性は“二人きり”でプロポーズされたいと思っていることが多い!

サプライズ プロポーズ 静かなところ 

これもすべての女性に当てはまるわけではありません。ですが、この記事を書くにあたって女性の友人数名に話を聞いてみたのですが、「サプライズでも二人きりや、静かなところでプロポーズをされたい。」と思っている人がほとんどでした。

その理由を聞いたのですが、最も共感した意見が「二人きりのプロポーズならロマンティックな雰囲気になれる。その場の雰囲気に酔いしれることができる。そうなれば、彼のプロポーズの言葉を一生忘れずにいられる。」というものでした。

 

うん、わかります。多くの人がいる場所で、凄く感動的な言葉でプロポーズされても、言葉が入ってこないんですよね。だって周りが盛り上がりすぎてそれどころじゃないんですもん。

「何!?何!?どうなってんの!?」とか思っている間に彼氏に指輪を渡されても、「あ、はい…。」としか言えませんよ、私は。

 

あと、私が共感した友人の意見は「大事な話は二人きりでしたい。」「二人だけの秘密、のような感じでプロポーズされたい。」ということです。

大事な話は二人きりでしたい。

これ、本当に現実的な話ですが、そうなんですよ!どんなことでもそうなんですが、そんな人生の大きな転機になることは二人きりでちゃんと語り合いたいんですよ!

これ、非常に大事です。

 

男性から見ると、一生に一度の思い出を作ってあげたいって思って、盛大な計画を立ててくれているのかもしれませんが、あなたがプロポーズしてくれるだけで、それだけで、一生の思い出になるんですよ。

 

どうでしょうか?実際の女性の意見は。女性は意外とそんな時ですら現実的だったりするんですよ!

 

サプライズプロポーズが嫌な理由は〇〇だ!!

サプライズプロポーズ 嫌い

では実際に友人にサプライズプロポーズが嫌な理由も聞いてみました。

やっぱり恥ずかしいとか、どう反応したらいいかわからないとか基本的にはそういった一般的な意見が多かったんですが、その中でも印象的だった意見をお話ししてみます。

 

プロポーズに他人を巻き込むな

他人の力を借りてプロポーズをしたということがもう気に食わないという意見を言う友人がいました。

この友人は「どんなに不器用でも、どんなに下手でも、気の利いた言葉でなくてもいいから、緊張した状態で、ありのままの言葉でプロポーズしてほしい。」と言っていました。

これ、女心ですね。女性は彼氏からのありのままの言葉が嬉しいんです。わざわざ他人の力を借りてまで、演出なんてしてほしくないという厳しい意見でした。

あともう一つ、特にフラッシュモブなどの場合は友人やその知人などにダンスの練習をしてもらったりと、当日以外にも迷惑をかけてしまうことになるのが本当に嫌とも言っていました。

 

「はい」と言うしかない。逃げ道が塞がれたようで嫌だ

これは私も同じことを思いました。そんな公の場でプロポーズなんてされてしまったら、周りの目もありますから、「はい。」と答える以外の選択肢なんて選ぶことができませんよね。

気に食わないことをされたとしても、彼氏に恥をかかせるわけにはいかないですし…。もし、彼女が「まだ結婚なんて考えてない。」場合なんて、それこそ逃げ道がなくて困ったものです。

 

努力した自分に酔っているような気がする

これも厳しい意見ですが、実際に女性から発言された言葉です。フラッシュモブでのプロポーズの映像なんてのをたまに見ますが、踊り終わってプロポーズした後の「どうだ!」というようなドヤ顔が「やりきった!」という方向の感情になっていて、「結婚してほしい。」という感情とは真逆のように感じる、という意見でした。

そのドヤ顔から「俺、君にために一杯努力したんだ、だから結婚してくれるよね?」といような自分に酔った感情に思えてしまう、と話していました。

 

ごもっとも、わかります。男性に頑張ってほしいのは、全力で踊ることではなくて、全力で気持ちを伝えることです。

 

サプライズプロポーズをするなら方向性を見失うな!

先ほどから、サプライズプロポーズに対してやや否定的な意見を書いていますが、それサプライズプロポーズ自体を否定しているわけではありません。

実際に、目の前で見たこともありますが、ちゃんとサプライズプロポーズを喜んでくれる女性に対して行われたものは、他人の私が見ても感動します。

上手くいけば非常にいい手段であることは間違いないと思います。

だけど、あなたがサプライズプロポーズを実施するうえで、方向性を見失わないでほしいなと思っています。

よくある方向性を見失ったサプライズプロポーズは以下のようなものです。

フラッシュモブを成功させることが一番になってしまう

これ、失敗するサプライズプロポーズの典型的なやつです。

成功させたいことばかりを考えてしまって、相手を思いやる気持ちを忘れてしまったプロポーズはただの自己満足です。

どんなシチュエーションで、どんな言葉で、どんな行動でプロポーズをすれば相手が喜ぶのかはしっかりと作戦を練りましょう!

意外と普通のが一番嬉しい人も多いです。だけど、もしかすると超が付くほどの派手な事が好きな人もいるかもしれません。

相手のことをしっかり考えて、お互いにメリットのあるプロポーズをしましょうね!

 

彼女のために努力したよ!ということが雰囲気からにじみ出てしまう

そしてこれ、サプライズプロポーズの動画などを見ていてもたまに見かけます。

“どうだ!こんなにすごいプロポーズをした俺と結婚したいだろ!?”

みたいな空気を出してしまう人。

 

悪いことではないと思うんですけれど、相手によっては「私、あなたに付いていきます!」ってなる人もいるんだろうけど、ちょっとサムいよね…。

個人的な意見ではありますが、オラオラ系の付いてこいプロポーズよりも、謙虚めな「僕と結婚してくれませんか?」系のプロポーズの方が好感が持てます。

なので、どんなに準備が大変でも、本番がどんなに大成功でも、“君のために努力したよ!”という空気を感じさせる対応は控えた方がいいかもしれませんね!

 

一番大切なのは思いを彼女に“伝えること”

結局、どんなプロポーズであれど、相手に「僕(私)と結婚してほしい!」という気持ちをいかにストレートに、素直に伝えられるのかが大切なんだと思うんです。

思いを伝えるためには、相手のこともしっかり考えて喜んでもらえないといけませんよね!

サプライズプロポーズであっても、そうでなくても、着飾ったりせずに本当の気持ちを伝えれば、きっとあなたの思いは届くはずですよ!

 

【実例付き】私が実際にされたサプライズプロポーズ

 

私が実際にされたプロポーズの話をしてみたいと思います。

実は私もサプライズプロポーズをされています(笑)

散々、否定的な話をしていましたが、実際にされた側としては“上手くしてくれれば”決して悪いものではありません。

私が結婚を決めた時、旦那も私もまだ20代で正直、お金もあまり持っていませんので、1回目は結婚指輪なしのプロポーズだったんです。

私自身は細かいことはあまり気にしませんでしたので、一回目の指輪なしの普通のプロポーズで満足していました。

 

でも、彼はやはり負い目があったようなんですね。

 

結婚が決まって式場も決まって、打ち合わせなども始まっていて、旦那から「次の打ち合わせは俺も仕事が休めそうだから二人で行こう!」と言われたんです。

特に何も感じていませんでしたが、普通に二人で次の打ち合わせに行きました。

ちょうどその時の打ち合わせが、プランや披露宴会場なども決まり、改めてチャペルから披露宴会場まで見学させてもらえるという話だったんです。

ここでサプライズプロポーズが行われました。

チャペルを見学中に、旦那が急にトイレに行きたいと言って、担当の人とチャペルをでます。

私は置いてけぼりになりました。数分後、チャペルの電気が消えると同時に、スーツに着替えた旦那が花束と共に登場します。

今思えば、クサイ演出ですね(笑)

プロポーズの言葉と婚約指輪を差し出されて、私は号泣という流れです。

 

私がこのサプライズプロポーズで喜んだことにはいくつか理由があります。

  • 当時はまだ若くて“特別な演出”に憧れていたから。
  • 式場の協力はあったけれど、密室で二人きりだったから。
  • 結婚が決まっていて、断るということは絶対になかったから。

こういった理由から素直に喜べたんだと思います。

もう30代ですので、同じことをされたら昔とは反応が違うとは思います。サプライズプロポーズは若い人向きですよね!

おススメのサプライズプロポーズの方法

サプライズ プロポーズ おススメ

具体的な方法は自分で考えてもらいたいのですが、抑えてほしい部分だけピックアップしてみますね!

  • 相手の好みに合わせること。
  • 出来れば、静かな場所が良い。
  • フラッシュモブなどをするならば、閉鎖された空間の方が受け入れやすい。
  • あまりにも他人が多すぎるのは好まれにくい。
  • テーマパークでのプロポーズならば、お城の前も嬉しいけれど、お城が見える二人きりの場所だともっと嬉しい。木の上とか。
  • 指輪はあったほうが良い。
  • 確実に「はい!」と言ってもらえる相手にだけサプライズプロポーズをした方がいい。
  • 結局は、一生懸命になって気持ちを伝えてくれるだけでめちゃくちゃ嬉しい。

と言った感じでしょうか。

もちろん私の主観も入っていますので、万人に受けるわけではありませんが、迷ったら参考にしてみてもらえればいいかと思います。

まとめ

サプライズプロポーズ まとめ

サプライズプロポーズって意外と諸刃の剣だったりします。将来が確定的な相手であれば、何も問題はありませんが、「サプライズプロポーズで結婚をもぎ取るぜ!」という賭けのような考え方の場合はやめといたほうが良いです。

特にフラッシュモブとか。

プロポーズ一つでも、女性は一人ひとり憧れや夢や理想を抱いているものです。

勢いでプロポーズなんてせずに、まずは相手の方をよく知って、その人好みのプロポーズの場を作るようにしましょう!

もし、相手がサプライズプロポーズとかが大好きなら、フラッシュモブでもテーマパークでも盛大に演出してしまいましょう!

 

プロポーズは十人十色、あなたの考えだけで行動しないことが、相手にとって迷惑にならない一番の方法ですよ!

頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました