結婚式のドレス選びで迷う30代必見!レンタルドレスだってありじゃない!?

30代の結婚式のドレスの悩み 生活の話

女性が結婚式に参列となるとドレスに靴にカバンにヘアスタイルにアクセサリーなどいろいろと考えないといけませんよね。

オシャレが得意・好きな方には楽しい事なんでしょうが、そうでもない私みたいな人間にとっては時に疲れる事も…。

また、冠婚葬祭の服装って年齢が上がっていくにつれ段々と変わっていくものですよね。1人で参列するのか?夫婦?ファミリーで?これでもまた変わってきます。

30代の女性はいろんなパターンでの参列状況があると思うので私の30代はこうしたよ!なんて経験談をお伝え出来たらなと思います。

結婚式の参列用ドレスに悩む30代女性に向けた記事です。私の経験と共にこんな風に考えるといいですよ!ということを書いていますので是非参考にしてください。
スポンサーリンク

結婚式のドレス選びの基本、年相応を徹底的に意識する。

20代後半は自分も含めて結婚ラッシュでした。同じ大学仲間で同じ年に7人結婚する・・・なんて事も。そうなると、結婚式ごとに服装も全部変えなければならなくなり、一度に何着か購入したりしました。もちろん小物や靴も同じようにたくさん購入しました。

そのため「買ったドレスの元を取らないと!」という勢いで、お友達の結婚式の時には何着買購入したドレスを数年着まわしていました。

でもある結婚式に参列した時に見てしまったのです。明らかに40代だろうと思われる女性が20代の子のような服装・アクセサリーを付けていた事を。

もちろん人には自分の好きな物を身に付ける自由や権利があると思っています。

でもそれはあくまでも場に合っていて馴染んでいればこそいいのだと思います。もしくは自分が主役の時に許されるのかもしれません…。

その女性を見た時に「はっ!」と自分の身なりを振り返りました。私も20代の時に買ったドレスをもったいないからと言って30代に突入したその時も着ていました。

「もしかすると周りからすれば私も浮いてる?」と、急に不安になりました。そうなると次から次へと気になる事が。

それからと言うもの「30代の女性である自覚」を持ち以下の点に気を付けて参列するようにしました。

きちんとした服装に、華やかさをプラス。

  • 服装は「まずはきちんと感。でも華やかさを」
  • アクセサリーは「高価ではなくても安っぽくないもの」
  • ヘアスタイルは「落ち着いたアレンジで使う小物も小さめで」

この条件を徹底的に意識しました。特に私は30代になった時にはすでに既婚者でしたので、それなりの落ち着きと雰囲気が求められる!と自分に言い聞かせていました。

具体的に、服装の関しては膝上の丈のドレスは着ない。肩なども露出の少ないドレスを着る。原色系の色味のドレスは控える。あと、細かいことですが、結婚式は参列する時間帯によっても好まれる服装が変わりますので、昼の場合は光沢のあるドレスは避けて、夜の場合はやや光沢のある華やかな服装を心がけました。

アクセサリーに関しては、パールのピアスとネックレス完全にこれ一択でした。冒険などはせずに完全に安全な方法を取っていました。もう少し派手にしたいな、とも思いましたが、結婚式の主役は新郎新婦なので、新郎新婦が恥をかかないことを第一に考えていました。

ヘアスタイルはハーフアップや毛先をまく程度にして、髪飾りもワンポイントに少し華やかなバレッタを使用するくらいにしました。

何度も言いますが、あくまでも主役に招かれた者である以上、その主役に恥をかかせない身なりで参列したいですよね。

私の場合は、既婚者でしたので、周囲からの目も「落ち着いた女性」と見られるだけで十分だったので、このような形になりました。

未婚の女性の場合は、「お洒落、華やかな女性」と見られたいと思いますので、やりすぎない程度にお洒落を楽しんでもらえればと思います。

妊娠中や子育て中の参列ならレンタルドレスが超便利!!

女性の場合、30代ともなると自分自身の環境が激変する年齢でもあったりしますよね。

その中でも一番の変化が、結婚や出産ですよね。妊娠、出産を経験すると体系が大きく変わることもあります。

そうすると「手持ちのドレスではサイズが合わない!」なんて事態もあります。

でも次に同じサイズで着る時があるかもわからないのにわざわざ新しいドレスを買うなんて嫌だなぁ~とお思いのあなた、マタニティ対応ドレスのレンタルサイトって知っていますか?

私は妊婦の時、親戚の結婚式参列の際はこういったレンタルを利用しました。しかも臨月…更に二人目のお腹だったので相当お腹が大きかったですが対応したサイズのドレスが見つかりました。

色々と検索したのですが、当時はおおよそ5,000円~と言った値段設定のところが多かったように思います。またドレス料金にプラス2,000円ぐらい足せばボレロやアクセサリーをセットにしているお得なプランもありましたよ。

そして何より有難かったのがクリーニングしなくて着たままを送られてきた袋と箱に入れて返せばいいという点。

妊婦中なんて身体も重くてしんどいですよね。それなのに、結婚式に行った後すぐにクリーニング屋さんまで行かなきゃいけない、なんて面倒な事はやりたくないですよね。ですが、レンタルドレスの場合は、クリーニングしなくていい上に集荷にまで来てくれたんです。

集荷ではなくポストインやコンビニ発送など返却方法もいろいろとあるようですね。この辺りのサービスは業者さんによるのできちんと調べた上でご利用下さいね。

そしてそしてなんとこれ!産後の授乳中のドレスも同様にレンタルであるんです!

授乳中でもお呼ばれする機会ってあったりします。ミルクをあげると言っても赤ちゃんみんながミルクを飲んでくれる訳ではありません。

ワンピースを下からまくり上げる…?キャミタイプのドレスを着て、下げて授乳する?でも肩から冷えちゃいそう…。

そんな時はやっぱり授乳服ですよね。ちゃんとかわいいオシャレな授乳服があるので「授乳服 結婚式 ドレス レンタル」で検索してみて下さいね。

妊婦で産み月が近かったり、二人目以降でお腹の出が早かったりして着るドレスに困った場合、産後で授乳も出来、かつ身体を冷やさず可愛い服で参列したい場合、ぜひぜひレンタルも視野に入れて考えてみて下さいね。

結婚式のドレス選びで悩む30代女性へ:まとめ

「30代女性」「既婚者」「母親」などという単語を並べると、立ち振る舞いやマナーなど、堅苦しいことばかり考えてしまってめんどくさくなっちゃいますよね。それを上手く実践する自身だってないし。

でも、そんなに難しく考える必要はないと思うんですね。ほんのちょっぴりだけ大切なポイントに気を付けてドレスを選んで、ありがたいサービスは大いに利用する。

これを意識するだけで、億劫になっていたおめでた席や華やかな席だって楽しくリラックスして過ごせることでしょう!

タイトルとURLをコピーしました