爪楊枝を電子レンジで加熱しても大丈夫?燃えないの?燃えないよ!

爪楊枝を電子レンジで加熱しても大丈夫? 生活の話

爪楊枝って歯間のお掃除以外にも料理の形を整えておいたり、いくつかの具材を刺しておいたりと便利に使用することができますよね!

ですが、ふと疑問に思ったことはありませんか?

「料理を温め直したいけど、爪楊枝ってレンジでチンしていいの?」と。

実はコレ、私が学生時代に独り暮らしをしていて思ったことなんです。

 

今回はそんな爪楊枝を電子レンジで加熱したり、他の方法で加熱したりするときのお話をしていきますね。

 

スポンサーリンク

基本的には爪楊枝は電子レンジで加熱しても大丈夫!

見出しの通りなんですが、基本的には電子レンジでチンしても大丈夫です。

電子レンジは食べ物の中の水分子をマイクロ波で運動させて発熱させるような仕組みです。つまり、爪楊枝よりも刺している食材の方が電子レンジで温まりやすいんですね。

結果として、爪楊枝が温まりすぎて発火する前に、食材が十分に加熱された状態を作ることができるということです。

実際に私も食材に爪楊枝を刺した状態で電子レンジに入れて加熱したことはありますが、爪楊枝が燃えてしまったりしたことはありません。

常識的な範囲で、余程長時間電子レンジで加熱しない限りは大丈夫と考えてもらっていいです。

ちなみに、爪楊枝に限らず、竹串も電子レンジで加熱しても大丈夫です。

電子レンジで加熱してはいけない物もありますので、後ほどご説明させていただきますね!

爪楊枝を刺したままオーブンで焼いても大丈夫?

では、電子レンジについで使用頻度が高いオーブンではどうでしょうか?

オーブンは電子レンジとは違い、熱で食材を温める仕組みになっています。爪楊枝を食材に刺したままでオーブンに入れると「燃えるというよりは焦げます。」

もちろん、こちらも加熱のし過ぎれば燃えることがあるかもしれませんが、基本的には焦げることの方が多いです。

どれくらいオーブンで加熱すると焦げてしまうのか?というのは爪楊枝や竹串の水分の保有状態にもよりますので、一定しません。

どうしても爪楊枝や竹串を刺したままオーブンで加熱する必要がある場合は、様子を伺いながらの方がいいでしょう。

爪楊枝や竹串をオーブンで加熱して焦げてしまうとデメリットがあります。

焦げる際に煙が出てしまい、臭いが料理に移ってしまう事、焦げてしまった部分から爪楊枝や竹串が折れやすくなってしまう事などがデメリットです。料理の味を損なってしまう可能性もありますし、爪楊枝や竹串が折れてしまう事で、料理を落としてしまうハプニングに見舞われる事がありますので、注意が必要です。

もし、オーブンで加熱する必要がある場合は爪楊枝や竹串が露出した部分にアルミホイルを巻いておくことをお勧めします!

アルミホイルを巻いておくことで、熱が直接爪楊枝や竹串に伝わらないようになるので、焦げを防止することができます!

※電子レンジで加熱する時はアルミホイルは使わないでください!!

あと、オーブンを使用する場合は、爪楊枝よりも熱さに強い竹素材を使用している竹串の方が焦げたり、燃えたりしないようです。

電子レンジで使用してはいけない物はこれ!!

電子レンジはマイクロ波を用いた特殊な加熱の方法ですので、使用する上で加熱してはいけない物があります。

殻がある食品

こちらで代表されるのは卵ですね!あとは栗や銀杏なども殻付きのまま加熱してはいけません。

殻付きのまま加熱してしまうと、中身から出る水蒸気が殻の中に溜まってしまって最後は殻を突き破って爆発してしまう事があります。

その結果、高温の食材によって火傷をしてしまったり、衝撃で電子レンジが壊れてしまう事もあるので、本当に注意が必要です!

あと、ゆで卵は殻付き、殻無しに関わらず、電子レンジの加熱はしない方がいいです。

これ、ほんとに爆発します!

もし、殻付きの物を電子レンジで加熱するのであれば、必ず殻や膜に切れ目を入れておいてください。そうすることで爆発を防ぐことができます。

生卵を電子レンジで加熱する場合は、必ず中身を耐熱皿に出して、黄身をほぐしてから加熱するようにしてください。

アルミホイルや金属

アルミホイルや金属製品を」電子レンジで加熱してしまうと、火花が発生します。これは私も実際に体験したことがありますが、めちゃくちゃ焦ります。

ほんとに家事になるんじゃないか!?と思うくらい怖い思いをしますので、アルミホイルや金属を電子レンジで加熱ししないようにしましょう。

蓋や栓がしてある容器

コチラも注意が必要です。殻付きの食品と同じで、内部が密閉されていることによって爆発する可能性があります。

必ず蓋や栓を取ってから加熱するようにしてください。

金箔や銀箔がある食器

金属箔も電波を当てることで火花がは発生します。これもめちゃくちゃびっくりします。どれが金属箔なのかわからない、というのであれば、綺麗に装飾されているお皿は電子レンジで使用しないようにしましょう。

私はこんなこと知らずに電子レンジで加熱をして、お皿の装飾をダメにしてしまったことがあります。

兄からもらった結構良いお皿だったので、ショックでした。

耐熱ではないプラスチック容器やガラス容器

意外と見落としてしまうことがあるのが、「耐熱」ですね。

最近売っているプラスチック容器は電子レンジの使用に耐えうる耐熱性を持っている物が多いので、あまり何も考えずに加熱してしまいますが、購入する時に必ず耐熱温度はチェックしましょう。

電子レンジの使用できるのは耐熱140度以上です。

私が100均で購入したプラスチック容器は、耐熱ではなかったので、ふにゃふにゃに変形してしまいました。

100均の商品とかだと耐熱性がない物もありますので、特に注意が必要ですね!

ガラス容器も同じです。安いガラス容器は耐熱性のないものが多いので、耐熱ガラスかどうかわからないものは電子レンジで加熱しないようにしましょう!

ちなみに、ダイソーだと耐熱ガラス容器は確か300円+税の商品だったので、100円のガラス容器はおそらく耐熱性ではないです。

爪楊枝の代わりになるプラスチックのピックを刺している時も耐熱温度に注意してくださいね!

まとめ

爪楊枝を電子レンジで加熱しても大丈夫か?という話は知っている人からすればバカバカしい話かもしれません。

だけど、初めて一人暮らしするような若い方だと、不安になってしまうものです。

電子レンジで爪楊枝も竹串も加熱して大丈夫です。

オーブンも大丈夫です。

だけど、電子レンジは加熱してはいけないものがありますので、注意してください。

私は加熱してはいけない物を加熱して、ケガこそしていませんが、凄くびっくりしたり、高いお皿をダメにしてしまったりと大きな失敗もしています。

私と同じようなことをしないように気を付けてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました