家事は手抜きで家庭は安泰!家事の手抜きの方法を伝授いたします!

家事の手抜きの方法 家事の話

毎日家事や育児に追われて大変ですか?

私は子供がまだ小さかったころにはとても大変な思いをした記憶があります。きっとそれはあなただけではなくて、他のママも同じだと思います。

 

いつも忙しくバタバタと働いているあなたに一つだけ提案したいことがあります。

 

「たまには、家事も手抜きをしてみませんか?」

 

育児に手を抜くことはできませんね、家族への愛を少なくすることもできませんよね?

ほんの少しでも、楽をしたいと思うならば、上手く家事を手抜きする必要がありますよ!

 

今回は頑張りすぎて体力も精神力もすり減らしているあなたのために、家事の手抜きの方法について記事を書いてみました。

 

 

スポンサーリンク

手抜きの方法1:家事には必ず優先順位をつけるべし!

これは完全に私の経験則なのですが、家事というものはその時にやらなくてはいけないことと、その時ではなくてもいいものがあります。

 

ここの見分けをしっかりと付け、上手く時間配分をすることで自分の時間を作ったり、子供と遊ぶ時間を作ったりしてほしいと思います。

 

その日にやらなくてはいけない家事とそうじゃない家事

これは、どうしても急を要すものですね。でも、家事の中にはその日に絶対やらなくてはいけないものって実はほとんどないんです。

その日にやらなくてはいけないと、あなたが勘違いしているだけかもしれません。

 

私が思うその日のうちにやらなくてはいけない家事は、

  • 料理
  • お風呂掃除
  • 指定日のゴミ出し

これだけです。

それ以外の家事は必ずしもその日にやらなくてはいけないというわけでもありません。

 

その時ではなくていい家事は上記以外のものになりますが、一般的な家事で代表的な物は

  • 各部屋・トイレの掃除
  • 洗濯
  • 洗い物

などですね。

 

心境的にはその日のうちに終わらせておきたいということもありますが、やらなくてこまることでもないんですよね。

 

ということは、先延ばしにしても大丈夫ということです。

 

こういった「先延ばしにしても大丈夫なこと」をあなた自身の生活の中から見つけ出して、優先順位を付けていってください。

 

その結果、今日じゃなくてもいい家事が何なのかわかってきますので、上手く手抜きをしてください。

 

実際に私が家事を手抜きした具体的な話

ここらは実際に私が行っている家事の手抜きの方法を皆さんに伝授していこうかと思います。難しいことは何もありませんので、気軽に真似してみてください。

あなたの生活スタイルに合わなければ、不採用にしていただけばいいかともいます。

掃除の手抜きの仕方を伝授

私も家事に優先順位を付けて上手く手抜きしていました。掃除の時は、1回の掃除ですべての部屋を掃除するのではなく、曜日によって掃除する部屋を変えていました。

 

同じ部屋を週に2回程度掃除できるような比率になる様に、月から土曜日までに割り振ってしまいました。こうすることで、1回の掃除にかかる時間と労力を上手く減らすことができます。結果的に時間にも気持ちにも余裕ができます。

しかも、余程汚れていない限り、部屋の掃除はしない!という曜日まで作ってしまいました(笑)まさに手抜きです!

 

でも、掃除をしない曜日のお陰でとても気持ちがスッキリしていますよ!自分のことに時間が使えるわけではありませんが、溜まってしまった家事を一気に片付けられる時間ができました。

 

 

洗濯の手抜きの仕方を伝授

洗濯の場合は、皆さんは全員の洗濯物を数回に分けて1日で洗濯してしまっているのでしょうか?それだと、洗濯物を干すのにすごく時間がかかるし、取り込むときも時間が必要ですよね?

 

私も昔はそうやって洗濯をしていたんですが、1日に2回、3回と洗濯機を回すのが嫌になって、「洗濯は1日1回しかしない!」と心に決めました。

 

めんどくさがりというのは、いろんな方法を生み出すんですね(笑)

 

洗濯物の手抜きは、子供の服と私の服と旦那さんの洗濯物を入れるかごを用意しておき、それぞれのかごに入れてもらいます。こうすることで、洗濯の優先順位を付けます。

そこで今日洗濯をしなくてはいけないかごを2つ選んで洗濯をします。基本的に子供の分は毎回洗濯しますので、私の分か、旦那さんの分を1回諦めるんですね。

 

でも、一人分の洗濯物が減ると干したり取り入れたりする時の労力が全然違いますよ!

 

料理を手抜きする方法を伝授

料理だってちょっとしたコツで手抜きできるんですよ!

あなたが料理をすることに煩わしさを感じるのはどんなところでしょうか?

献立を考えるのが面倒ですが?下準備ですか?そもそも料理をすることが面倒ですか?(笑)

 

めんどくさいポイントは人それぞれだと思います。

 

献立を手抜きしたい人

献立を考えるのがめんどくさいという場合はネットの力を頼りましょう!

検索窓に「献立」と入れるだけで、ひと月単位で献立を記載してくれているサイトも見つかりますし、クックパッドは冷蔵庫にある材料を検索欄に入力するだけでたくさんのレシピを見ることができます。

 

 

下準備を手抜きしたい人

お肉や野菜を切ったり、必要に応じて下茹でが必要だったり、衛生面を考えてお肉を切った後の包丁やまな板を洗ったりと、面倒な事が多いですよね。

全てを手抜きということはできませんが、ちょっとしたコツがあるんですよ!

野菜の場合は、すでにカットされた野菜を買ってきたり、普通に野菜を買ってきた場合は、時間があるときにすべて切ってしまって、保存袋に入れて冷蔵庫に入れています。

 

野菜の下準備も手抜きしてしまいましょう。

100円ショップに行けば「シリコンスチーマー」が売っています。これを使うことで電子レンジで野菜に火を通すことができますので、料理の時間も短縮できますし、お湯を沸かす必要などもありませんので非常に便利です。

野菜の下準備をしながら、別のこともできますので、使わないなんてありえないですよ!

 

料理と同じつながりで考えますと、洗い物を減らすこともとても大切です。

先ほど衛生面の関係でお肉を切ったらまな板を洗うっていう話をしましたが、これも切る食材の順番を考えれば一度もまな板を洗わず料理を終わらせることもできますね!

 

野菜から切ることはもちろんなんですが、野菜の中でも水分の出にくい物から切っていくとまな板が汚れにくいので効率的です。

 

我が家で洗い物を減らすために実践していることは、ワンプレート料理と炊飯器料理です。

ワンプレート料理はとてもメリットがあります。

1枚のお皿に盛られた料理

ワンプレート料理の一例です。

晩御飯のメニューがご飯、唐揚げ、サラダ、お味噌汁だったとしましょう。

家族は夫婦と子供2人で計算しますね!

  • 大皿で出すのであれば「お茶碗がご飯と味噌汁で8個、唐揚げとサラダは大皿に乗せて1枚、取り皿4枚の計13枚の食器です。」
  • 全て個人分で出す場合「お茶碗8個、唐揚げとサラダでお皿4枚の計12枚です。」
  • ワンプレート料理の場合「ご飯、サラダ、唐揚げは大きなプレート皿が1人1枚で4枚、味噌汁のお茶碗が4個で計8枚の食器です。」

圧倒的に洗い物が楽になりませんか?

手抜きとは少し話が逸れますが、ワンプレート料理は見た目もお洒落で食事が楽しくなりますし、見た目にボリュームがありますので、食べた時に満足感があり、食べすぎの防止もできます。

 

炊飯器料理もとてもおススメです。

炊飯器一つで様々な料理ができますよ!我が家の定番は炊飯器でオムライスです。

オムライスと言ってもチキンライスを炊飯器で作るんですが、ご飯が炊ければチキンライスができていますので、とても時短になるんですね。

炊飯器料理に関してはネットで調べればメニューもたくさんでてきますので、一度調べてみてはいかがでしょうか?

洗い物って結構めんどくさいので、できる限り数は減らすようにしましょうね!

 

洗い物の手抜き方法を伝授

洗い物を手抜きするなら浸け置き食器洗いです。

家族の人数が多い場合は参考にならないかもしれませんが、シンクに入る大きめの桶を用意して、お湯と洗剤を入れて、朝食のお皿を浸けておきましょう!そうすることで、汚れもこびりつかず、洗剤が浸透しているのでお昼の空いた時間にサッと食器洗いが済んでしまいますよ!

食器の枚数が極端に少なければ、すぐに終わらせることができるので必要ありませんが、ちょっと枚数が多いけど、今すぐには食器洗いができないという場面では浸け置き洗いをしてみてください。

 

 

家事を手抜きする時の注意点

家事を手抜きする時には注意してほしいことがあります。

 

家族の中でも、手抜きに関して「サボってる」っていう印象を持つ人がいるかもしれません。旦那とか、義理の母とか。

 

こういう方たちに必ず事情を説明してから手抜きをするようにしてください。

「毎日家事を完璧にこなすのは精神的にも肉体的にも無理がある。自分の中でルールを決めて、家事がストレスにならないように工夫しながら進めます。」というような話を必ずするようにしましょうね!

「主婦なんだから家事くらい完璧にこなせよ。」と思っている旦那さんは結構多いです。

事情を伝えずに手抜きをしてしまうと、急に旦那さんが怒り出す可能性があるので気を付けて!

意外と手抜きをするっていうことは覚悟がいります。特にこれまでかなり頑張って家事をこなしていた人は余計にそう思うはずです。そこは強い意志を持って手抜きをするようにしてください。でないといつまでも生活の状況は変わらないと思います。

 

思い付きで手抜きをするのではなく、必ずルールを設定して手抜きをすることが最も大切なことです。

ルールを決めないと、人間はドンドン楽な方に流されて行ってしまうので、手抜きからサボりになっていき、サボることが習慣化してしまいます。それは本来の趣旨とは違いますのでご注意ください。

 

あくまでも、主婦の精神的、肉体的負担を軽減するための手抜きであるということは忘れないでくださいね!

 

家事は手抜きで家庭は安泰:まとめ

家事の手抜きというと、「サボってる」とか「だらしない」っていうイメージが強くて、

どうしても、罪悪感がありますよね?

 

でも、実はそんなことないんです。

 

物は考えようですので、「家事にかける時間を少しでも減らすこと」で、あなたの「精神的、肉体的負担を軽減」させることができると考えましょう!

 

そうすることで、あなたも家族もみんなが笑顔になれますよ!

 

育児に手を抜くことはできません。

家族を支えることもあなたの役目。

手抜きができるのはやっぱり家事です。

私が実際に行っていることはただの一例でしかありませんので、もっと良い楽の仕方があるかもしれません。

 

肩の力を抜いて、少しづつ楽になるように家事の断捨離をしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました